お客様を観察して情報を得よう

売上,販売員,接客,ニーズ

 

来店してきたお客様に対して、何も考えずに次々と商品を紹介していく販売員がいます。しかし、お客様のニーズをつかまないまま紹介し続けても、売上は伸びていきません。

 

そこで、来店したお客様を観察して情報を得るようにしましょう。観察といっても、万引きGメンのようにまじまじと見つめるというのではなく、あくまでさり気なく、がポイントです。

 

次のようなものを観察していくと、どのようなニーズがあるのかだんだん見えてくるはずです。

 

  • どのような髪型・メイクか?
  • どのような服装・デザイン・色なのか?
  • どのような持ち物(バッグ)か?
  • 手に指輪をつけているか?(結婚しているかどうか)
  • どんな商品を見ているか? など

 

現在のトレンドを把握しておく

 

販売員たるもの世の中の流行に無頓着ではいけません。最新のトレンドを常に把握しておき、お客様のニーズを満たせるように努めていきましょう。

 

テレビ番組で芸能人が取り上げた商品があると、次の日には売上が数倍に伸びたという話をよく聞きます。今でしたら、影響力の高いブロガーやフォロワー数が多い有名人が紹介すると、多くのお客様が買い求めてやってきます。

 

できる販売員はこのような情報をいち早くつかんで、売上アップに活かしています。トレンドを把握する方法はいくつかあるので、時間があるときに調べるようにしておきましょう。

 

  • ホームページ・ブログ
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • 街に出て観察
  • アンケート
  • ワークショップ など

 

ニーズを引き出す質問をしよう

 

お客様のニーズを知るためには、実際に質問してみるのが一番早いです。聞きたいことがあれば、お客様に質問してみましょう。

 

このとき「私もそう思います」「よくわかります」などの共感を示すことで、お客様との距離が縮まってニーズを引き出しやすくなります。

 

すぐに目的の商品をすすめるのではなく、少し会話をするようにしていきましょう。お客様によっては、話したくないという人もなかにはいらっしゃいますが、雰囲気を感じ取って臨機応変に対応してください。

 

  • 何かお困りではないでしょうか?
  • お仕事でお使いでしょうか?
  • 機能とデザインどちらを優先されますか?
  • どのようにお使いになられますか? など

 

 
TOPへ