事故は初期対応が重要

オペレーション,販売員,事故,転倒

 

店内で事故があったときの対応についても確認しておきましょう。店員がパニックになって、冷静な判断ができないようではいけません。

 

事故といってもさまざまですが、もっとも起きやすいのは「転倒」です。雨の日や清掃した直後の床はたいへん滑りやすくなっていますし、重い買い物袋をもって移動をしているとさらに危険です。

 

滑りにくい素材を使ったり、段差をつけるなどして対策している店舗もありますが、それでも完全に転倒を防ぐことはできませんので要注意です。

 

ほかにも、お客様同士がぶつかったり、買い物カートの接触事故、陳列された商品の荷崩れなどが考えられます。

 

どのような事故であっても、大切なのは初期対応です。その場で応急処置をしたり、ケガの程度によっては救急車を手配することも必要になります。お客様の身の安全を最優先して、迅速に行動をとっていきましょう。

 

店内で事故が起こったときに備えて、日頃から訓練もしているはずです。毎回参加して、訓練が活かせるように努めましょう。

 

 
TOPへ